研修会等

学会・講座・研修会のご案内


【県士会主催・共催・後援】

<長野県摂食嚥下研究会(成人)のお知らせ>


 「分からないことを『分からない』と言える、そんな気軽に意見交換のできる」研究会を目指しております。多くの方に参加して頂き多くの

意見や情報が得られたらと思います

 

日 時:平成30年10月20日(土)  午後14時00分~午後17時00分 (受付 9時30分~)

場 所:相澤病院 第一会議室

内 容:症例報告、キッセイ薬品工業株式会社 【やわらかあいディッシュの試食】【スルーソフトリキッドによる炭酸飲料とろみ付け】

参加費:無料             

申込み:不要。お気軽にご参加ください。

問い合わせ先:安曇野赤十字病院 リハビリテーション科 神田 TEL:0263-72-3170(代表)

<2018年度 第3回長野県全体構造法研究会>


日 時:2018923日(日) 9:3012:30

場 所:長野赤十字病院第一会議室 ※会場が松本市あがたの森文化会館より変更になりましたのでご注意ください

内 容:症例検討(ASDの症例)、文献抄読「新編失語リハ応用編p.64-69」

会 費:無料

問い合わせ・申し込み先:長野赤十字病院 二木保博 futachan.201803@gmail.com

  ※JIST法に興味のある方ならどなたでも参加可能です。

<長野県言語聴覚士会 生涯学習プログラム基礎講座>


            ~現在、事前申し込み受付中!!~

日 時:平成30年10月13日(土) 午後12時40分~17時20分

会 場:松南地区公民館(通称:なんなん広場)  2階 会議室3 (松本市芳野4-1)

講座内容: 12時40分~14時10分 1)『言語聴覚療法の動向』 帯川一行 氏 (諏訪中央病院)

        14時15時~15時45分 2)『協会の役割と機構』   竹内洋彦 氏 (県総合リハビリテーションセンター)

        15時50分~17時20分 3)『研究法序論』       山岸 敬 氏 (長野赤十字病院)

受講費:基礎講座(一講座) 協会員1,000円  非協会員 2,000円 

申込方法:事前申込制です。件名に生涯学習受講申込み、本文に下記必要事項を明記の上、学術教育部・生涯学習部共用

              メールへお申込み下さい。(生涯学習部 中島・市川・堀ノ内 宛て)

             《申し込み時必要事項》①氏名②フリガナ③協会員番号(非協会員はその旨記載)④所属先⑤地区名

                     ⑥受講内容⇒受講される講座番号(1~3)⑦託児希望の有・無 

      ※同施設で複数名お申込みになる際は、まとめてお申込み下さい※

      ※申込みされた方には、必ず確認のメールを送信します。事前申込みから5日以上経っても返信がない場合は、

        お手数ですが担当者までお問い合わせください。(担当:中島 稲荷山医療福祉センター TEL 026-272-1435代)

事前申込み期間:9月10日(月)~9月22日(土)

 

※詳細は下記ファイルをご参照下さい。

H30年度生涯学習プログラム基礎講座開催のお知らせ.docx
Microsoft Word 433.4 KB
H30年度生涯学習プログラム基礎講座開催のお知らせ.pdf
PDFファイル 223.9 KB

<第14回小児リハビリテーション研修会のお知らせ>


主 催:一般社団法人 長野県理学療法士会

日 時:平成30年9月22日(土)  午前10時00分~午後15時00分 (受付 9時30分~)

場 所:信濃医療福祉センター PT室

テーマ:「シーティングの基礎から実践へ ~こどもからお年寄りまで~」

講 師:光野 有次氏 (有限会社でく工房 取締役会長/シーティングエンジニア)

参加費:会員(日本理学療法士協会会員及び県内OT・ST士会員):1,500円

     非会員(日本理学療法士協会非会員及び県外OT・ST士会員):4,000円

     一般(保育士、保護者など):1,000円   

     学生:無料                ※参加費は当日徴収になります。

定 員:約70名

申込み方法:メールでの申し込みとなります。①施設名②氏名③職種(PT/保育士/保護者など)④電話番号⑤メールアドレスを

     ご記入の上、pt@shinano-iryo.or.jp へお申込下さい。 ※個人情報は、今回の講演会の目的以外では使用いたしません

申込締切:平成30年9月9日(日)まで

※詳細は下記ファイルをご参照下さい。

小児リハビリテーション研修会.pdf
PDFファイル 184.7 KB

<第16回 ながのハートフルフェスタ~ながのこども療育用具・福祉機器展~>


日 時:2018年11月10日(土) 午前10時00分~午後15時30分

場 所:キッセイ文化ホール 中ホール

入場料:無料

【展示品】車イス・バギー・座位保持装置・クッション・歩行器・呼吸器・コミュニケーション機器など

【各種講座】★体験試乗・試用(随時)

    ★長野県作業療法士会主催講座「自己表現への支援2~ひとと活動(機器)をつなぐときの作業療法士の頭の中~」

      午前10時30分~11時30分     講師:信濃医療福祉センター 作業療法士 明田 繁 先生

    ★長野県理学療法士会主催講座「車いすで、山遊び、雪遊び、海遊び!~大切な家族や仲間と叶える一生モノの時間~」

      午後14時00分~15時00分     講師:ata Alliance代表 中岡 亜希 先生

お問合せ:ながの こども療育用具・福祉機器展実行委員会  TEL 080-6938-4582 

       *キッセイ文化ホールへのお問合せはご遠慮下さい

 

※各講座、イベントの詳細は下記ファイルをご参照下さい。

ながのハートフルフェスタ(1).pdf
PDFファイル 1.6 MB
ながのハートフルフェスタ ミニセミナー.pdf
PDFファイル 102.1 KB

<第32回 標準ディサースリア検査(AMSD)講習会 in名古屋>


主 催:日本ディサースリア臨床研究会

日 時: 2019年2月10日(日)~11日(月・祝)の2日間  10日:9時00分~17時20分 11日:9時00分~15時00分 

場 所: セントレアホール (〒479-0881 愛知県常滑市セントレア1丁目 (中部国際空港内))
講 師: 西尾正輝(新潟医療福祉大学),中西俊二(イムス札幌内科リハビリテーション病院),田中康博(名古屋大学)
      鈴木真生(多摩リハビリテーション学院)
定 員: 200名(申込み先着順で、定員になり次第締め切らせて頂きます)
受講料: 15,000円(学生 10,000円) (認定修了書、資料冊子、備品代金を含む)

申込方法:講習会特設ウェブサイトよりエントリーください。  http://www.interuna.jp/amsd32/

問合せ先:第32回標準ディサースリア検査講習会 事務局 (東京都青梅市根ヶ布1-642-1 多摩リハビリテーション学院内)

       e-mail:gakujutsu@tama-riha.ac.jp   ℡:0428-21-2001

       *お問い合わせはメールでお願い致します。

 

※詳細は下記ファイルをご参照下さい。

第32回AMSD講習会案内.pdf
PDFファイル 317.0 KB

<2018 JDDnet セミナーinながの>


日 時: 平成30年9月22日(土)10時00分~16時30分 (受付開始 9時30分より)

場 所: 安曇野市豊科公民館(安曇野市豊科4289-1)
内 容:発達障害者の多様な働き方~知りたい!支えたい!それぞれの就労~
参加費: 会員 1,000円 一般 3,000円(※会員とはJDDnetながの個人会員、長野県自閉症協会会員、長野県LD等発達
                          障害児・者親の会「よつ葉の会」会員です)

申込方法:JDDnetホームページまたはJDDnetながのホームページからお申込下さい

定 員:500名

締 切:平成30年9月11日(火)

※内容等、詳細は下記ファイルをご参照下さい。

 また、このセミナーは日本言語聴覚士協会生涯学習プログラムポイント認定研修会となります。

2018 JDDnet セミナー in ながの(ちらし).pdf
PDFファイル 2.9 MB

【その他】


<【ST限定】嚥下に必要な頸部体幹の評価とアプローチ法>


主 催:一般社団法人 国際統合リハビリテーション協会

期 間:2018年11月10日(土) 午前10時~午後16時

場 所:砂場文化センターサブ・レクホール(東京都江東区北砂5-1-7)

対 象:言語聴覚士

定 員:各40名(定員になり次第締め切らせて頂きます)

参加費:8,640円(税込)

申込み方法:下記URLよりお申込みをお願い致します。https://www.0553.jp/eventpay/event_info/?shop_code=4039511759765446&EventCode=7817072998

・詳細はURLよりご覧ください。   https://iairjapan.jp/events/event/exp_st

<言語発達臨床の最先端:発達障害学・行動分析学・発達心理学による包括的支援>


 発達障害学・行動分析学・発達心理学から言語発達臨床の国際標準の支援方法を学びます。
発達障害学の国際標準、行動分析学の国際標準、発達支援・問題解決技法の最先端をお示しし、様々な事例への具体的支援

技法・それぞれの職場での活用方法をお伝えします。

 

主 催:行動リハビリテーション研究会

日 時:平成30年10月21日(日)  午前10時00分~午後16時00分

場 所:慶應義塾大学 三田キャンパス 北館 会議室 2

講 師:山本淳一教授(慶應義塾大学)

参加費: 会員 3,500円  非会員 6,000円               

お問い合わせ・申し込み方法:

E-mail:koudou_aba@yahoo.co.jp 宛に①氏名 ②所属 ③E-mailアドレス ④会員・非会員 ⑤職種 をご記入の上お送りください

 

※詳細は下記ファイルをご参照下さい。

2018 10月研修会ポスター.pdf
PDFファイル 664.7 KB

<「傾聴」による気づきと学ぶのセミナー>


日 時: 平成30年11月10日(土)・11日(日) 両日とも10時00分~16時00分 
場 所: 10日:信州大学医学部附属病院 医学部臨床棟 第二臨床講堂
          (松本市旭3-1-1)
       11日:東御市民総合福祉センター 講堂
          (東御市鞍掛197)
内 容:対人援助職やグループファシリテーターなど、話を聴く際の基本姿勢と傾聴を柱とした面談方法について、演習を通して
      学んでいきます。
講 師:堅田 利明(関西外国語大学 准教師・言語聴覚士)
対 象:相談員、教師、保育士、医療職、保護者の会のファシリテーター、対人援助を目指す学生、課題のあるお子さんをもつ
     保護者など
参加費:1日のみ4,000円  2日連続 7,000円
申込方法:往復はがきにて事務局までお申込みください。(メールでの申し込みはできません)
締 切:平成30年 11月3日(日)消印有効
事務局:〒573-1001 大阪府枚方市中宮東之町16-1
      関西外国語大学 堅田利明研究所宛
      64tranghai@gmail.com(このアドレスは、問い合わせ専用です)
※内容等、詳細は下記ファイルをご参照ください。
堅田先生セミナーin Nagano.pdf
PDFファイル 558.1 KB

<「吃音のある子どもをもつ親の座談会」長野と大阪をつなぐ輪                                       ~心に響く、気持ちを動かす 吃音啓発の広がりにむけて~>


日 時: 平成30年9月23日(日)10時00分~15時00分 

場 所: 東御市民総合福祉センター3階(東御市民病院隣 〒389-0502 東御市鞍掛197番地)
内 容: 様々な立場の方々が集い、吃音について語り、聴き、学びながら吃音の理解を深め、吃音啓発の重要性についての
      思いを共有していきます。
ゲスト:堅田 利明先生(関西外国語大学)
     吃音親子の会(大阪)
対 象:吃音のあるお子さんを持つ保護者の方、幼稚園・保育園・学校の先生、医師、言語聴覚士、ことばの教室の先生
     学級担任・指導主事・育児・児童相談員、保健師等
申込方法:往復はがきにて事務局までお申込みください。(メールでの申し込みはできません)
       ただし、先着100名程度とさせていただきます。
定 員:100名程度
締 切:平成30年 9月14日(金)消印有効
事務局:〒389-0502 東御市鞍掛198番地 
      東御市民病院 リハビリテーション科 餅田亜希子宛
       nagano.akikomochida@gmail.comこのアドレスは問い合わせ専用です)
※内容等、詳細は下記ファイルをご参照下さい。
長野吃音児をもつ親の座談会のご案内20180923.pdf
PDFファイル 408.1 KB

<ディサースリア長期講座 2019(MTPSSEを中心として)>


主 催:日本ディサースリア臨床研究会
日 時: 2019年6月~10月の月1回 第3土曜日 13時00分~16時45分(ただし、6月と7月は午前10時~12時で姿勢の改善アプ      ローチについて実施致します。こちらの参加は自由です。また、姿勢の改善アプローチについてのみ、本長期講座担当
     講師の西尾正輝以外の講師が担当致します。)
場 所:日本教育会館 第二会議室(8階) (東京都千代田区一ツ橋2-6-2)
講 師:西尾正輝(新潟医療福祉大学)
定 員:150名(申込み先着順で、定員になり次第締め切らせて頂きます)
受講料:30,000円 
テキスト代金:MTPSSEが刊行される予定ですので、各自で購入し持参して頂くとより理解しやすいと思います。同書の刊行が間に         合わない場合、講座の内容が理解できるように、受講者には本講座専用資料冊子を特別に作成する予定ですので、        希望者には実費にて配布致します。
申込み方法:事前登録制となります。長期講座事前登録フォームよりエントリーください。
        ※詳細は下記ファイルをご参照下さい。
問合せ先:日本ディサースリア臨床研究会 事務局 鈴木真生 東京都青梅市根ヶ布1-642-1 多摩リハビリテーション学院内
       e-mail:gakujutsu@tama-riha.ac.jp  ℡:0428-21-2001
      *お問い合わせはメールでお願い致します。
ディサースリア長期講座2019案内.pdf
PDFファイル 431.6 KB

<松本歯科大 摂食嚥下リハビリテーション研修プログラム>


「パラメディカルコース」(定員6名)

 パラメディカルコースとして、摂食嚥下リハビリテーションのチームアプローチに参加して活躍できるよう基本となる評価・診断方法から指導・訓練までを、講義とディスカッションを通じて学んでいきます。また、症例検討を通じて自らの役割を認識できるプログラムとなっています。

 

日 程:2019年1月10日~1月31日 毎週木曜日 13時~16時30分 (全4回)

場 所:松本歯科大学・松本歯科大学病院

費 用:1万円

申込資格:医療・福祉関係者(医師・歯科医師は除く)

申込方法:別紙申込書に記入の上、FAXまたは電子メールにてお申込下さい。(定員に達し次第締め切ります)

締 切:2018年12月3日(月)

プログラム内容:総論・問診、スクリーニング・精密検査(VE+VF)・座学・指導(環境や食事内容指導)・訓練(間接・直接訓練)・

          実習・外来

松本歯科大 嚥下.pdf
PDFファイル 34.9 KB
松本歯科大 申込用紙.pdf
PDFファイル 14.7 KB

<兵庫医大リハビリテーション医学教室より研修会のご案内>


①リハビリテーションのための嚥下障害と栄養 

  多職種の視点で学ぶ!嚥下障害、栄養管理の基礎と回復期リハにおけるNSTの最前線。

  このセミナーでは、多職種の視点で嚥下障害と栄養管理の基礎を学ぶと共に、今年度の診療報酬改訂で新たに重点の置かれ

  た回復期リハビリテーションにおけるNSTに関して、先進的な取り組みを学びます。

②実践CI療法講習会

  明日からCI療法を実践できるようになる基礎知識と実践方法を伝授!評価方法、療法の理論、運動学習など脳科学との関連、

  症例における実践例等について分かりやすく説明します。

③脳卒中予後予測セミナー

   脳卒中患者さんのリハビリテーション、さぁ何から始めましょう?

  このセミナーでは、従来の予後予測や脳画像解析の最新知見、誰でもできるFIMを使った簡単な予後予測法、患者さんの回復

  過程について、明日から使える幅広い知識をお伝えします。

【日 時】①2018年9月22日(土)  ②2018年10月7日(日)  ③2018年10月14日(日)

【時 間】各日10時~16時

【会 場】兵庫医科大学(兵庫県西宮市/阪神本線武庫川駅)

【受講料】各12,000円

【問い合わせ先】兵庫医大リハビリテーション医学教室(office@craseed.org

【申込方法】NPO法人CRASEED共催のHPよりお申込下さい。

http://craseed.sakura.ne.jp/seminar/2018/seminar20180922.html  

http://craseed.sakura.ne.jp/seminar/2018/seminar20181007.html

http://craseed.sakura.ne.jp/seminar/2018/seminar20181014.html

 ※詳細はHPまたは下記ファイルをご参照下さい。

180922_嚥下障害と栄養.pdf
PDFファイル 318.5 KB
181007_CI療法.pdf
PDFファイル 311.7 KB

181014_予後予測.pdf
PDFファイル 313.5 KB

<発達協会主催2018年度「秋のセミナー」「指導力・支援力向上セミナー」開催のご案内>


日時:2018年10月27日(土)

 秋4 脳の働きをふまえた発達支援

  生活や学習場面での支援を事例とともに学びます。

  1、脳の働きをふまえた指導の枠組み【認知神経心理学の立場から】    宇野宏幸(兵庫教育大学大学院) 

  2、注意の働きに偏りがある子への配慮と指導①【生活・行動面を中心に】 今井正司(名古屋学芸大学)

  3、注意の働きに偏りがある子への配慮と指導②【学習面を中心に】     今井正司(名古屋学芸大学)

 

 秋5 発達障害がある子とのコミュニケーションを確かにする支援技術

  状況の理解や相手に伝えることの苦手さに、どう対応すべきでしょうか。

 1、発達障害がある子のコミュニケーション特性とは    井澤信三(兵庫教育大学大学院)

 2、コミュニケーション支援の実際               井澤信三(兵庫教育大学大学院)

 3、発達障害のある子の友人関係・人間関係        村上由美(ボイスマネージ)

 

*その他にも様々なテーマで講座をおこなっております。詳しくはHPをご覧ください。

 

《申し込み》お電話・FAX・発達協会ホームページから、お申し込みいただけます。

         電話:03-3903-3800  Fax:03-3903-3836  HP:http://www.hattatsu.or.jp/

《ご注意》・同じ日程で開催されるセミナーを申し込むことはできません。

      ・申し込みの殺到が予想されるセミナーもございます。お早めにお申し込み下さい。

《時間》各日10:15~16:20

《定員》各250名(定員になり次第、随時締め切ります)

《会場》東京ファッションタウン(TFT)ビル東館 9階研修室  東京都江東区有明3-6-11

《受講料》各9,050円(税込)(正会員、賛助会員は各8,220円(税込))

 

 ※詳細はHPまたは下記ファイルをご参照下さい。

STの方向け 2018年秋セミナー.docx
Microsoft Word 17.8 KB

<医療および教育専門職のためのこころ塾2018 >


 【医療および教育専門職のためのこころ塾2018】

 「コミュニケーションと身体性:先端の知と実践をつなぐ」

 

日 時:2018年10月6日(土)、10月20日(土)、11月10日(土)

     各日とも10時30分~17時10分まで(受付開始 10時~)
場 所: 京都大学 稲盛財団記念館3階大会議室 
定 員: 100名(申込による先着順)
参加資格: ◇学校教員および教育関係の仕事に就いている方
             ◇作業療法士、理学療法士、臨床心理士、言語聴覚士の実務経験が3年以上の方
        ◇3日間全日参加できる方
情報交換会費: 1,000円×3日 (初日受付にて承ります)
 
※詳しい講義内容や申込方法は、下記イベントページまたは下記ファイルをご参照下さい。
kokorojyuku2018.pdf
PDFファイル 2.0 MB

<第42回日本高次脳機能障害学会学術総会・サテライトセミナー>


・第42回日本高次脳機能障害学会学術総会

 メインテーマ: 「 Neuropsychological rehabilitationの原点とトピック 」

 会 期: 2018126日(木)、7日(金)

 会 場: 神戸国際展示場(12号館)(神戸市中央区港島中町6-11-1

 会 長: 種村 留美(神戸大学生命・医学系保健学域リハビリテーション科学領域運動機能障害学分野 教授)

 一般演題募集期間: 2018516日(水)~ 627日(水)正午

 ホームページ: http://jshbd42.umin.jp/

・第42回日本高次脳機能障害学会学術総会サテライト・セミナー

 テーマ 「 進行性失語 」

 日 程: 2018128日(土)

 会 場: 神戸国際展示場2号館(兵庫県神戸市中央区港島中町6-11-1

 定 員: 500

 受講費: 10,000円(*)

 お申込受付: 2018914日(金)より

 ご案内ページ: http://www.higherbrain.or.jp/06_kousyukai/01_index.html

 

* 日本高次脳機能障害学会にご在籍(正会員)の場合は会員価格でご受講いただけます。

<横浜精神分析研究会 研修会のご案内>


  (1)横浜精神分析研究会(文献講読と症例検討)
 日 時:毎月 第2日曜日の13~17時 年間13回
 場 所:港北区社会福祉協議会 他(神奈川県横浜市)
 講 師:北川清一郎
 費 用:22,000円
 内 容:文献講読と症例検討           http://yokopsy.com/index.php/meeting 

 

  (2)少人数グループスーパーヴィジョン
 日 時:毎月 第2日曜日の10~12時 年間12回
 場 所:心理オフィスK(神奈川県横浜市)
 講 師:北川清一郎
 費 用:50,000円
 内 容:グループスーパーヴィジョン   http://yokopsy.com/index.php/groupsv

 

  (3)日常臨床のための対象関係論
 日 時:日曜日の13~17時 年間10回
 場 所:八洲学園大学(神奈川県横浜市)
 講 師:祖父江典人
 費 用:40,000円
 内 容:講義と事例検討          http://yokopsy.com/index.php/objectrelations

 

 ※申込方法、問い合わせ、講義の詳細については下記ファイルをダウンロードし、ご参照下さい。

1)文献講読と症例検討.pdf
PDFファイル 119.9 KB
2)少人数グループスーパービジョン.pdf
PDFファイル 79.3 KB
3) 日常臨床のための対象関係論.pdf
PDFファイル 149.5 KB