研修会等

学会・講座・研修会のご案内


【県士会主催・共催・後援】

<医療からの発信>


 日時:平成29年10月28日(土) 10時~16時

場所:信濃教育会生涯学習センター(安曇野市豊科)

内容:講演「~医療からの発信~ これからの特別支援教育」

 

          講師 平林 伸一先生(S.E.N.S長野支部会 会長)

  参加費:SENS会員以外の方 1000円

 

  その他:当日参加可能ですが、資料準備の都合上「研修会参加」と「氏名」をメールでお知らせいただけると助かります(sensnagano@gmail.com

 

SENS長野支部研修会案内 (20171012版).docx
Microsoft Word 28.7 KB

<臨床実習における教育戦略>

日 時:平成29年11月25日(土) 13時~17時

場 所:信州大学医学部保健学科中校舎211教室

定 員:100名

参加費:会員2.000円 非会員5.000円

事前申込先:http://www.kokuchpro.com/event/24thCCS/

20171011184140.pdf
PDFファイル 32.4 KB

 

<歯科領域からみた小児の摂食嚥下障害>

 

 

日時:平成291126日(日)午後1時~4

 

場所:長野県立こども病院北棟会議室

 

テーマ:歯科領域からみた小児の摂食嚥下障害

 

プログラム:

 

 1)午後1時~240分:松本歯科大学病院摂食機能リハビリテーションセンター

 

蓜島弘之氏

 

話題提供;「歯科領域からみた小児の摂食嚥下障害()」 

 

 2)250分~4時:事例提供( 1事例を予定)

 

参加費:1000円(事前申し込み不要)

 

問合わせ先・信濃医療福祉センター言語療法科内 

 

長野県小児摂食嚥下研究会事務局(担当:小久保)

 

            電話:0266-28-0056   FAX0266-27-5953

 

                    e-mailst@shinano-iryo.or.jp

 

 

 

※昨年度より、不都合の無い方には、メールでのご案内にさせていただきたく存じます。

 

 今回、ご欠席の方でも、今後ご案内通知をご希望の方は、お手数ですが、

 

 下記連絡先まで、メールアドレスをお知らせください。PC・携帯のどちらでも構いません。長野県言語聴覚士会会員の方は、ニュースレター等でのご案内となりますので、ご連絡は不要です。

 

 連絡先st@shinano-iryo.or.jp

 

 

 

小児嚥下研第50回案内(HP掲載用) .doc
Microsoft Word 36.0 KB

<『食事・言語・コミュニケーションへの治療と支援』 ―姿勢・感覚の役割と学習の積み重ねの重要性について―>


研修会のお知らせ

特別支援学校ならびに療育・療護施設での日々の指導場面において
お子さん方への食事・言語・コミュニケーション支援の進め方についてお悩みの方などを対象とした研修会を企画いたしました。
講師には日本ボバース研究会公認インストラクターの山川眞千子先生をお招きしました。
この機会に、ぜひ皆様のご参加をお待ちしております。

講師:山川眞千子 先生
職歴:1975年  聖母整肢園(現大阪発達総合療育センター)
1982年  ボバース記念病院
1990年  姫路市立白鳥園
1992年~ 地域療育センター、病院、特別支援学校などに非常勤で勤務
近年は神戸市内の重症児・者施設、兵庫県下の療育センター、特別支援学校で言語聴覚士や保育士、教員などへの指導に出向いている

【日時】  11月4日(土) 10時~12時(受付9時30分~)
【場所】  信濃医療福祉センターPT室
【参加費】 外部関係者1,000円
【その他】 事前申し込み不要
       簡単な実技講習も行なう予定ですので、動きやすい服装でお越し下さい
【連絡先】 信濃医療福祉センター 言語療法科
      TEL:0266-28-0056(ST直通) FAX:0266-27-5953
      e-mail:st@shinano-iryo.or.jp

<WISC-Ⅳ 検査結果と発達支援実践の橋渡し>


日時:平成 29年 11 月 19 日(日)  9時30分 ~ 16時30分
   場所:安曇野市役所  4階 大会議室

参加費:1000

  

申込方法:日本臨床発達心理士会長野支部ホームページに申込みフォームがあります。

     下記URLよりアクセスして下さい。

     https://cdp-nagano.jimdo.com/

     恐れいりますが、定員に達した時は申込を締切させていただきます。

   

<コミュニケーション障害研究会>


日時:平成29年10月21日(土)  10時00分~16時00分予定
   場所:諏訪湖ハイツ

参加費:県士会員/学生:無料  非会員:500

  

申込方法:各施設ごとまとめて、メールにて事前申込をお願い致します。

ST協会生涯学習プログラムの参加証明書は1日の参加が必要です。

 

slht.nagano.gakukyo@gmail.com 担当:武藤・寺島

 

 

申込期間 9月17日~10月8日締切

   

コミュニケーション障害研究会チラシ.pptx
Microsoft Power Point プレゼンテーション 283.0 KB

<第8回 長野県訪問リハビリテーション実務者研修会>



 この度、長野県理学療法士会、長野県作業療法士会、長野県言語聴覚士会主催「第8回長野県訪問リハビリテーション実務者研修会」を開催することになりました。本年度は『地域リハビリテーションのこれからの展望』同職種連携と地域社会資源の活用に向けてと題し、2日間にわたり研修会を開催いたします。

 

日時:1日目  平成29年11月25日(土) 受付開始 9時30分~  10時00分~16時45分

    2日目    平成29年11月26日(日) 受付開始 9時~     9時30分~16時00分(※両日とも開館時間9時となります。)

両日参加された方には、全国訪問リハビリテーション振興委員会による受講証明書を発行いたします。この証明書は27年度からの管理者養成研修会受講の必須要項となっています。

過去に実務者研修会を受講された方は、管理者養成研修会の受講基準を既に満たしています。

 
場所: 伊那食品 かんてんぱぱ くぬぎの杜ホール 〒399-4497 伊那市西春近(広域農道沿い)TEL 0265-78-2002
対象: リハビリテーションに従事するまたは興味のある理学療法士、作業療法士、言語聴覚士

定員: 120名(先着順) 定員を超えた場合は参加をお断りすることがあります。ご了承ください。
参加費: 各県士会員: 1,000  (長野県理学療法士会、長野県作業療法士会、長野県言語聴覚士会)

       非会員:4,000

  ※昼食は各自でご用意下さい。

申込方法:参加者ご自身が直接、下記お申し込みフォームに必要事項を入力して下さい

https://docs.google.com/forms/d/13sLJN6LbU6yWppaRjZJ4oDjvxXk9-Et39oHju039uyo/edit

申込期間102日(月)9:00 ~1020日(金)17:00 

   ※ キャンセルはお早めにメールにてご連絡下さい。

   ※ 本研修会は各協会の定める生涯学習ポイント対象研修会になります。
 ※詳細は下記のファイルをご参照下さい。

H29.第8回実務者研修会のご案内3.doc
Microsoft Word 226.5 KB

<第15回 ながのハートフルフェスタ ながのこども療育用具・福祉機器展>


日時: 2017年11月18日(土) 10時00分~15時30分
場所: キッセイ文化ホール 中ホール
内容: 各種講座、展示品、イベント等
入場料: 無料 
 ※詳細は下記のファイルをご参照下さい。

ながのハートフルフェスタ.pdf
PDFファイル 908.4 KB

<2017年度第3回長野県JIST法研究会>



主催団体名: 長野県全体構造法研究会

日 時: 2017年10月29日(日) 9:30~12:30

場 所: 相澤病院S棟会議室

内 容: 症例検討1例、文献抄読:新編失語リハ応用編p.34-p.49

会 費: 無料

申し込み: 不要

申し込み期間(期限): なし

問い合わせ・申し込み先: 長野赤十字病院 二木保博 hkbty560@ybb.ne.jp

その他: JIST法に興味のある方ならどなたでも参加可能です。

<第35回 日本感覚統合学会研究大会>


  本大会は、子どもたちを支える様々な方々の実践を見て、聞いて、共に考え連携していくこと、その中で子どもたちのきらめきをさらに輝かせるための大切なことを再確認できる機会になるような学会にしたいと考え、メインテーマに「みーつけた!!こんなところに感覚統合 ~子どもがかがやく毎日に~」を掲げました。特別講演には、自然災害下での発達障害をもつ子どもたちの支援について、日詰正文先生をお招きしてお話しをしていただきます。また、児童精神科医の視点からライフステージに応じた発達支援について、本田秀夫先生にお話しをしていただきます。本学会会員ばかりでなく多くの支援者が集い、これからの発達障害児・者の新たな支援について、意見交換できる機会になることを期待しています。

 

 テーマ:「みーつけた!!こんなところに感覚統合 ~子どもがかがやく毎日に~」

     大会長  岡本 武己(信濃医療福祉センター)

会期:平成29年10月28日(土)・29日(日) の2日間

会場:下諏訪総合文化センター(長野県諏訪郡上諏訪町西鷹野町4611-40)  

大会概要:特別講演1 :日詰 正文 氏(厚生労働省 社会・援護局 障害保健福祉部障害福祉課 障害児・発達障害者支援室)

       特別講演2 :本田 秀夫 氏(信州大学医学部付属病院 子どものこころ診療部)

      シンポジウム :新井 紀子 氏(京都大学大学院 医学研究科 人間健康科学系専攻)

                 石井 孝弘 氏(帝京科学大学 医療科学部 作業療法学科)

                石原 詩子 氏(京丹波町 子育て支援課)

                酒井 康年 氏(うめだ・あけぼの学園)

      演題発表(口述・ポスター)

      機器展示・書籍販売等

      レセプション

 

学会事務局・問い合わせ先:長野県諏訪郡下諏訪町社字花田 6525-1 信濃医療福祉センター 作業療法室 木村 一恵                                     TEL/FAX:0266-27-5953 mail:ot@shinano-iryo.or.jp

【その他】


<長野県難病相談支援センター 「これまでの歩み、これからの取り組み」>


 長野県難病相談支援センターは開設10周年を迎えました。今年度は、別添の通り、「これまでの歩み、これからの取り組み」をテーマとしたシンポジウムを開催いたします。特別講演としまして、京都大学iPS細胞研究所顧問・特定拠点教授・創薬技術開発室室長の中畑龍俊先生のご講演を予定しております。
 なお、会場準備の都合上、平成29年11月10日(金)までに申し込みをいただきますよう、お願い申し上げます。
日時:平成29年11月23日(木・祝) 13時~16時30分
場所:キッセイ文化ホール
連絡先:長野県難病相談支援センター
    電話:0263-34-6587 FAX0263-34-6589

    E-mail:nanbyo@shinshu-u.ac.j

チラシ.pdf
PDFファイル 455.8 KB
申込用紙.pdf
PDFファイル 404.1 KB

<長野吃音を学ぶ会>


日時:平成29年10月14日(土) 10時~14時
場所:東御市民病院(言語訓練室)
内容:症例検討1もしくは2例を予定。
    その他に、吃音臨床を始めたいがどう始めたらよいのか、
    今悩んでいること等、吃音臨床について悩んでいることがありましたら、
    一緒に検討していきます。
    吃音臨床はこれからだ、という先生の参加も大歓迎です。
    ランチを挟みながらざっくばらんに行います。
    参加いただける先生は、下記連絡先にご連絡をください。
    また。当日はランチを持参の上、お越しください。
参加費:無料
参加締め切り:10月12日(木)
連絡先: po.polori@gmail.com
      城西病院 言語聴覚士 高山

<脳損傷者の食事活動~これだけは知っておきたい運動・解剖学的アプローチ~>


主催団体:CVA時期別OT研究会

日 時: 平成30年1月13日(土)13:00~18:00 1月14日(日) 9:00~13:00
場 所:  山梨リハビリテーション病院 (〒406-0004 山梨県笛吹市春日居町小松855 TEL 0553-26-3030(代))

内 容: 講義、実技、ワークショップ(予定)

受講費: 12,000円(税込/宿泊費・食費・懇親会費別)

対象者: 作業療法士・言語聴覚士
申込方法: CVA時期別OT研究会HPにアクセスし、研修会案内のWEBFORMからお申込下さい。申し込み多数の場合は事務局で       選考します。

募集締切:平成29年10月13日(金)必着 ※申し込み多数の場合は事前終了させていただきます。

 ※詳細は下記ファイルをご参照下さい。

脳損傷者の食事活動.pdf
PDFファイル 104.7 KB

<全身の筋緊張制御を行うポジショニングからの 摂食嚥下リハビリテーション理論編>


主催団体名: 日本ユニバーサル リハビリテーション協会
日 時: 2017年11月18日 (土) 13:30~16:30(開場 13:15)
場 所: 八王子市芸術文化会館いちょうホール(東京都八王子市本町24番1号)
内 容: 【長期療養生活6年、ADL全介助の症例に、局所的ではなく、全身の筋緊張を一度に落とすポジショニングを行ったところ、拘縮が変化して端座位や自立、20日後にお楽しみのゼリー食を用いた摂食嚥下訓練の介入に至った。】
 上記の内容で、2013年9月。岡山開催の第9回摂食嚥下リハビリテーション学会へ口述発表する。
摂食嚥下リハビリテーションの新たな視点と介入手段として、嚥下機能に働きかける直接的なアプローチではなく、ポジショニングによって間接的に過緊張を緩和したことで長期療養生活から嚥下訓練に移行した症例がありました。局所的ではなく全身的な筋緊張制御や過緊張の緩和が摂食嚥下機能に及ぼす影響を提案し、その技術論を学んでいただきます。
会 費: 7,000円(税込)
申し込み: 必要
申し込み期間(期限): 2017年11月15日 (水)

問い合わせ・申し込み先: 日本ユニバーサル リハビリテーション協会
TEL 042-208-0102
 e-mail otmode@jcom.home.ne.jp
URL http://universalreha.com/
申込は下記URLより申込をお願いします。
https://www.meducation.jp/seminar/regist?id=54633


< 公益社団法人発達協会 2017年度秋のセミナー>


主催団体名: 公益社団法人 発達協会
日 時: 2017年10月21日(土)/10月22日(日)/11月12日(日)他  各日10時15分~16時20分
場 所: 東京ファッションタウン(TFT)ビル東館 9階研修室(東京都江東区有明3-6-11)
内 容: 10月21日(土)  秋1 発達障害がある子とのコミュニケーションを確かにする支援技術-子どもへの理解を深める
     1 発達障害がある子のコミュニケーション特性とは 井澤信三先生 (兵庫教育大学)
     2 コミュニケーション支援の実際 井澤信三先生 (兵庫教育大学)
     3 発達障害のある子の友人関係・人間関係 村上由美先生 (ボイスマネージ)

    10月22日(日) 秋3 指導に活かす発達の評価-WISC-Ⅳを中心に
     1 WISC-Ⅳの結果の読み取り方 青山真二先生 (北海道教育大学)
     2 検査結果から導き出す学習課題 青山真二先生 (北海道教育大学)
     3 検査結果や観察評価から導き出すコミュニケーションや集団生活での配慮 青山真二先生 (北海道教育大学)
    11月12日(日) 秋9 発達障害・知的障害のある子の「感覚」への対応-感覚統合療法と動作法からのアプローチ
     1 「感覚」の過敏と低反応-子どもの抱える困難さを理解する 

       岩永竜一郎先生 (長崎大学大学院医歯薬学総合研究科)
     2 「感覚」への支援の実際-感覚統合療法からのアプローチ
       岩永竜一郎先生 (長崎大学大学院医歯薬学総合研究科)
     3 緊張が高い子へのリラクセーション-動作法を中心に 清水良三先生 (明治学院大学)
   ☆その他にも様々なテーマで講座を行っております。詳しくはHPをご覧ください。
会 費: 各9,050円(税込)(会員8,220円(税込))   申し込み: 必要
申し込み期間(期限): 定員になり次第、随時締め切らせていただきます。
問い合わせ・申し込み先: お電話・FAX・発達協会ホームページから、お申し込みいただけます。
                電話:03-3903-3800/Fax :03-3903-3836  HP:http://www.hattatsu.or.jp/
その他: 《ご注意》 同じ日程で開催されるセミナーを申し込むことはできません。申し込みの殺到が予想されるセミナーもございま            す。お早めにお申し込み下さい。

< 新人が臨床で結果を出す為の徒手的アプローチ法研修会>


主催団体名: 一般社団法人国際統合リハビリテーション協会
日 時: 2017年10月14日(土)  10時~16時
場 所: ウィリング横浜 901室【横浜市港南区上大岡西1-6-1 ゆめおおおかオフィスタワー内】
内 容: 頸部、上肢、体幹、下肢それぞれの部位で特に結果が出しやすいテクニックを集めて紹介致します。
     臨床ですぐに実践出来るテクニックばかりです。
     体幹:腹部ポンピングテクニック   上肢:橈骨頭の脱臼修復テクニック  体幹:大腰筋と腸骨筋間のリリーステクニック
     下肢:腓骨のリ・アライメントテクニック  内容詳細URL:https://iairjapan.jp/events/event/newface_yokohama20171014
会 費: 8,640円(税込)
申し込み: 必要
申し込み期間(期限): 2017年10月13日(金)
問い合わせ・申し込み先: 申込URL: https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=HSyHSXzbIRnM

                問い合わせ:一般社団法人 国際統合リハビリテーション協会 吉田頌平(kohei_yoshida@iairkanto.jp
その他: 対 象 :作業療法士、理学療法士、言語聴覚士(経験年数3年目まで)
      定 員 :30名(先着になり次第閉め切らせて頂きます。)

<松本歯科大学摂食嚥下リハビリテーション研修プログラム のご案内>


パラメディカルコース(定員5名)

 パラメディカルコースとして、摂食嚥下リハビリテーションのチームアプローチに参加して活躍できるよう基本となる評価・診断方法から指導・訓練までを、講義とディスカッションを通じて学んでいきます。また、症例検討と通して自らの役割を認識できるプログラムとなっております。

日 時: 2018年1月11日~2月1日 毎週木曜日 13時00分~16時30分
場 所:  松本歯科大学・松本歯科大学病院

費 用: 1万円

申込資格:医療・福祉関係者(医師・歯科医師は除く)
申込方法: 別紙申込書に記載の上、FAXまたは電子メールにてお申込下さい。(定員に達し次第締め切ります)

募集締切:2017年12月4日(月)

 ※詳細、申込書は下記ファイルをご参照下さい。

摂食嚥下リハビリテーション研修会.pdf
PDFファイル 70.5 KB


<頸部体幹調整のための筋膜、軟部組織アプローチ研修会 >


 日々の臨床で筋膜に触診する機会が少なく、苦手と感じられている方が多いかと思われます。そのため、本協会においては、療法士の知識・技術の向上を図るため、標記研修会を開催することといたしました。ご多忙中とは存じますが、万障繰り合わせのうえ、ご出席下さいますようご案内申し上げます。臨床での悩みを解決する一助となれば嬉しく思います。
皆様方のご参加を心よりお待ち申し上げます。

 

主催団体名: 一般社団法人 国際統合リハビリテーション協会 
日 時: 筋膜1:平成29年11月5日(日)9時30分~16時30分
     筋膜2:平成30年1月20日(土)10時00分~16時00分
場 所:  筋膜1:昌賢学園まえばしホール(前橋市民文化会館)【前橋市南町3-62-1】
     筋膜2:ベイシア文化ホール(群馬県民会館)  【前橋市日吉町1-10-1】

内容:○筋膜のイメージの学習 ○頚長筋リリース ○僧帽筋リリース ○斜角筋リリース ○胸鎖乳頭筋リリース ○腸骨筋リリース    ○骨盤隔膜リリース ○横隔膜リリース ○胸郭出口リリース ○大腰筋リリース 他
会 費: 32,184円(2日間)
申し込み: 必要      申し込み期間(期限): 平成29年11月4日
問い合わせ先:  shingo_ohto@iairkanto.jp 担当 事務局 大戸
その他: 申込方法  ※こちらよりお申し込みください  https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=HSiUUls

<国際統合リハビリテーション協会(IAIR)認定 B-class セラピストコース>


 主催団体名: 一般社団法人 国際統合リハビリテーション協会 

 講習会名:「国際統合リハビリテーション協会(IAIR)認定 B-class セラピストコース」
       【日本作業療法士協会生涯教育 対象〈1日につき1ポイント〉】
 場 所 :【下記のいずれかで開催します】
        ・昌賢学園まえばしホール [群馬県前橋市南町3-62-1]
        ・ベイシア文化ホール(群馬県民会館)【群馬県前橋市日吉町1-10-1】
  対 象 :作業療法士、理学療法士、言語聴覚士
  料 金 :下記の各講義詳細をご覧ください。
  定 員 :各20名(先着になり次第閉め切らせて頂きます。)

  会 費   : 下記の各講義詳細をご覧ください。
 申し込み : 必要
申し込み期間(期限): 定員に達し次第、終了いたします。
  問い合わせ先: 吉田頌平
  連絡先  :kohei_yoshida@iairkanto.jp
  その他   : 申込方法 【国際統合リハビリテーション協会(IAIR)認定 B-class therapist コース】
               各コースの詳細はこちら 》》https://iairjapan.jp/gunma-seminarschedule

<科学的根拠に基づく腰痛の評価と治療法研修会>


 患者さん、利用者さんとの信頼関係を築きつつ、腰痛の自己管理など「心身の健康」につながる行動を「自ら選択」できるようになることを援助する、対話的アプローチ技法の講義、治療デモ、および実技を行います。その技法は、子育て、夫婦関係など、大切な人との関わり方をより良くするためにも幅広く活用できるものです。

 

主催団体名: 一般社団法人 国際統合リハビリテーション協会 
日 時: 平成29年12月3日(日)    9時50分~16時50分
場 所: 諏訪市 かんぽの宿 諏訪
会 費: 12,852円(税込)
申し込み: 必要
問い合わせ先:  office@akahalabo.com   担当 赤羽
その他: 申込方法 :こちらよりお申し込みください  https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=HShctua

<第41回日本高次脳機能障害学会学術総会・サテライトセミナー>


学会メインテーマ: 「 わかりあうを科学する 」

会 期: 20171215日(金)、16日(土)

会 場: 大宮ソニックシティ(埼玉県さいたま市大宮区桜木町1-7-5

会 長: 立石 雅子(目白大学保健医療学部言語聴覚学科 教授)

参加費: 事前登録 11,000円 学生 4,000円(*)     当日参加 13,000円 学生 5,000円(*)

一般演題募集期間: 2017523日(火)~76日(木)  ホームページ: http://jshbd41.umin.jp/

 

サテライトセミナーテーマ 「 行為と動作の障害 」

日 程 : 20171217日(日)

会 場 : 大宮ソニックシティ 小ホール(埼玉県さいたま市大宮区桜木町1-7-5

定 員 : 400

ご案内ページ: http://www.higherbrain.or.jp/06_kousyukai/01_index.html

 

※ 上記内容は変更となる場合がございます。ご了承願います。

 お問い合わせ先: 一般社団法人日本高次脳機能障害学会 事務局

133-0052 東京都江戸川区東小岩2-24-18 江戸川病院内 TEL 03-3673-1557 FAX 03-3673-1512 

E-mail office@higherbrain.or.jp   URL http://www.higherbrain.or.jp/