研修会等

学会・講座・研修会のご案内


【県士会主催・共催・後援】

<2018年度 第1回長野県全体構造法研究会>


日 時:2018527日(日) 9:3012:30

場 所:相澤病院S棟第一会議室

内 容:症例検討(伝導失語)、文献抄読:新編失語リハ応用編p.54-p.64

会 費:無料

問い合わせ・申し込み先:長野赤十字病院 二木保博 hkbty560@ybb.ne.jp

  ※JIST法に興味のある方ならどなたでも参加可能です。

【その他】


<第42回日本高次脳機能障害学会学術総会・サテライトセミナー>


・第42回日本高次脳機能障害学会学術総会

 メインテーマ: 「 Neuropsychological rehabilitationの原点とトピック 」

 会 期: 2018126日(木)、7日(金)

 会 場: 神戸国際展示場(12号館)(神戸市中央区港島中町6-11-1

 会 長: 種村 留美(神戸大学生命・医学系保健学域リハビリテーション科学領域運動機能障害学分野 教授)

 一般演題募集期間: 2018516日(水)~ 627日(水)正午

 ホームページ: http://jshbd42.umin.jp/

・第42回日本高次脳機能障害学会学術総会サテライト・セミナー

 テーマ 「 進行性失語 」

 日 程: 2018128日(土)

 会 場: 神戸国際展示場2号館(兵庫県神戸市中央区港島中町6-11-1

 定 員: 500

 受講費: 10,000円(*)

 お申込受付: 2018914日(金)より

 ご案内ページ: http://www.higherbrain.or.jp/06_kousyukai/01_index.html

 

* 日本高次脳機能障害学会にご在籍(正会員)の場合は会員価格でご受講いただけます。

<日本高次脳機能障害学会 2018年夏期教育研修講座>


Aコース「 失語症候とその対応 」

  日 程: 2018714日(土)

  定 員: 500

  受講費: 12,000円(※)

Bコース「 神経心理症候とその対応 」

  日 程: 2018715日(日)

  定 員: 500

  受講費: 12,000円(※)

 

会 場: パシフィコ横浜 アネックスホール(神奈川県横浜市西区みなとみらい1-1-1

お申込受付: 受付中(定員に達した時点で締め切らせていただきます。)

ご案内ページ: http://www.higherbrain.or.jp/06_kousyukai/02_index.html

 

※日本高次脳機能障害学会にご在籍(正会員)の場合は会員価格でご受講いただけます。

<横浜精神分析研究会 研修会のご案内>


 横浜精神分析研究会 第7回 特別セミナー 

 力動的セラピストになるために File.7  ―ウィニコットの母子関係論と治療論―
 日 時:平成30年7月22日(日)  

      10時00分~12時30分 第1部:講義
      13時30分~16時00分 第2部:事例検討
 場 所:八洲学園大学9階9A室(〒220-0021 横浜市西区桜木町7-42)

 講 師:深津 千賀子先生
 参加資格:臨床心理士や医師、看護師、保健師、作業療法士、理学療法士、言語聴覚士、社会福祉士、精神保健福祉士、

        保育士、教師。等の守秘義務をもつ専門家、臨床心理系大学院生等。公認心理師資格試験受験予定者など。

        力動的臨床を実践しようと思っている/実践しはじめたばかりの初心の方から、既に経験を積んでおられる方々まで

        幅広い経験の方が研鑽できる内容となっております。
 参加費:7,000円(修士課程の大学院生は6,000円)
 定 員:60名程度(先着順です)

 申込み:(1)名前(2)所属(3)メールアドレス(4)臨床心理士資格の有無、を明記して、以下までご連絡ください。

       銀行口座をお知らせしますので、振込をしてください。振込を確認できた時点で申込確定となります。

 申込先:北川清一郎 宛 info@yokopsy.com

 ※その他、詳細についてはHPをご参照下さい。→https://yokopsy.com/index.php/seminar

<岐阜県言語聴覚士会 第6回学術集会・地域交流会・講演会のご案内>


 岐阜県言語聴覚士会 第6回学術集会・地域交流会・講演会
 日 時:平成30年6月17日(日)  午前9:30~午後15:30
 場 所:ソフトピアジャパン センタービル10階 大会議室(〒503-0006 岐阜県大垣市加賀野4丁目1番地7)
 講演会:テーマ 「ライフスタイルでみる摂食嚥下障害者への支援」

      講師 牧野日和 先生(愛知学院大学 心身科学部 健康科学科 歯学博士)
 参加費: 会員 無料  非会員 3,000円
 内 容: 9時30~      受付

      10時~11時    学術集会

      11時15~11時45 総会(岐阜県言語聴覚士会会員のみ)

      12時~13時    地域交流会

      13時30~15時30 講演会

 参加申込み:岐阜県言語聴覚士会ホームページの申込みフォームよりお申込下さい。

※学術集会及び講演会は、日本言語聴覚士協会生涯学習プログラムのポイント取得対象研修会となっております。 

※詳細については下記ファイルをご参照下さい。

岐阜県士会 総会及び講演会の案内.pdf
PDFファイル 100.3 KB

<発達協会主催2018年度「実践セミナー」開催のご案内>


日時:2018年7月31日(火)、8月1日(水)

 E 読み書き・算数障害の指導

  全般的な知的発達に遅れはないのに、読み書きや算数など、一部の領域だけ極端に弱さがある子ども。読み書き・算数障害-学習障害-は、脳機能の障害と考えられています。脳機能の障害だからこそ、指導者には子どもの認知特性を把握し、子どもに合わせた指導をすることが求められます。このセミナーでは読み書き・算数障害のメカニズムをふまえた指導法、ICT教材の活用、視覚認知のつまずきへの対応等を含め、幅広く学びます。 

 

日時:2018年8月8日(水)、8月9日(木)

 N 脳の働きに配慮した指導の実際

  板書が遅い、気が散りやすい、忘れっぽい…といった子どもがいませんか?これらの困難さは認知面の偏りや未熟さが原因といわれています。認知面の偏りや未熟さについて学ぶことが発達障害への理解を深め、有効な指導・支援につながります。このセミナーでは神経心理学の視点から脳の働きを理解した上で、ワーキングメモリ、実行機能、視覚認知といった各認知機能に見られる弱さとその支援について、事例とともに学びます。

 

 

《申し込み》お電話・FAX・発達協会ホームページから、お申し込みいただけます。

         電話:03-3903-3800  Fax:03-3903-3836  HP:http://www.hattatsu.or.jp/

《ご注意》・同じ日程で開催されるセミナーを申し込むことはできません。

      ・申し込みの殺到が予想されるセミナーもございます。お早めにお申し込み下さい。

《時間》各日10:15~16:20

《定員》約300名(定員になり次第、随時締め切ります)

《会場》東京ファッションタウン(TFT)ビル東館 9階研修室  東京都江東区有明3-6-11

《受講料》各14,040円(税込)(会員12,960円(税込))

 

 ※詳細はHPか下記ファイルをご参照下さい。

2018 ST向け 発達実践セミナー.docx
Microsoft Word 22.3 KB
PDF2018 ST向け 発達実践セミナー .pdf
PDFファイル 128.6 KB

<全身の筋緊張制御を行うポジショニングからの 摂食嚥下リハビリテーション理論編>


 摂食嚥下リハビリテーションの新たな視点と介入手段として、嚥下機能に働きかける直接的なアプローチではなく、

ポジショニングによって間接的に過緊張を緩和したことで、長期療養生活から嚥下訓練に移行した症例がありました。

局所的ではなく全身的な筋緊張制御や過緊張の緩和が摂食嚥下機能に及ぼす影響を提案し、その技術論を学んでいただきます。

日  時:2018616() 13:3016:30(受付開始13:15

会  場: 八王子市芸術文化会館いちょうホール(東京都八王子市本町241号)

参加費:7,000円(税込)

申  込: https://www.meducation.jp/seminar/regist?id=61286

問合せ先:日本ユニバーサル リハビリテーション協会

TEL 042-208-0102E-mail otmode@jcom.home.ne.jpURL http://universalreha.com/

講 師:青木將剛(作業療法士)

<多職種"ごちゃまぜ"研修会 in松本>


 日 時:平成30年7月28日(土)  午後13時~16時30分 (12時~受付開始)
 場 所:信州大学松本キャンパス旭総合研究棟AB講義室 9階 (松本市旭3-1-1)
 対 象:学生(医学科、保健学科他)、保健・医療スタッフ(医師、Ns、保健師、POST、薬剤師、栄養士、MSW他)、介護スタッフ、             事務スタッフ等 施設、職種を問いません。
 内 容:13時~13時15分 開会挨拶

      13時15分~   基調講演 テーマ:求められる多職種協働・連携(仮題) 

      14時30分~   グループワーク:ロールプレイによる事例検討

 定 員:80名(事前登録制)

 申 込:宛先 信州大学医学部地域医療推進学教室 中澤

     A:メールにて yuichi@shinshu-u.ac.jp  B:FAXにて 0263-37-2549

     ①氏名 ②所属 ③連絡先メールアドレス(携帯・スマホのアドレスでも構いませんが、可能であればPCアドレスをお願いし              ます)をお知らせください。

 申込締切:7月13日(金)

 ※詳細については下記ファイルをご参照下さい。

多職種ごちゃまぜ研修会.pdf
PDFファイル 69.4 KB

<第45回理学療法士・作業療法士・言語聴覚士 養成施設教員等講習会>


 開催地及び開催期間:

   (1)東京地区 

         開催期間  自 平成30年8月20日(月)

                 至 平成30年9月7日(金)

         会 場    国際医療福祉大学 東京赤坂キャンパス

   (2)大阪地区

         開催期間  自 平成30年8月20日(月)

                 至 平成30年9月8日(土)

         会 場    大阪行岡医療大学


  受講対象者:(1)理学療法士、作業療法士、言語聴覚士の免許を有する者

    (2)免許取得後、原則として教員は5年以上、臨床実習指導者は3年以上(言語聴覚士は5年以上)の実務経験を有する者

    (3)本講習会修了後において理学療法士、作業療法士、言語聴覚士の養成施設の教員等に従事する者及び、将来従事

       しようとする者
  受講定員:東京、大阪地区共に言語聴覚士10名
  受講申込:受講申込を行う施設は、申込期限までに必要書類を用意の上、下記URLより申し込むこと

        URL http://www.pmet.or.jp/ の講習会情報メニューより

  申込期限:平成30年5月31日(木)
  問合せ先:(公財)医療研修推進財団PT・OT・ST事務局

       〒105-0001 東京都港区虎ノ門1-22-14ミツヤ虎ノ門ビル4階 TEL 03(3501)6592

 

※詳細は下記のファイルをご参照下さい。

201804 養成校教員講習会.pdf
PDFファイル 181.4 KB

<横浜精神分析研究会 研修会のご案内>


  (1)横浜精神分析研究会(文献講読と症例検討)
 日 時:毎月 第2日曜日の13~17時 年間13回
 場 所:港北区社会福祉協議会 他(神奈川県横浜市)
 講 師:北川清一郎
 費 用:22,000円
 内 容:文献講読と症例検討           http://yokopsy.com/index.php/meeting 

 

  (2)少人数グループスーパーヴィジョン
 日 時:毎月 第2日曜日の10~12時 年間12回
 場 所:心理オフィスK(神奈川県横浜市)
 講 師:北川清一郎
 費 用:50,000円
 内 容:グループスーパーヴィジョン   http://yokopsy.com/index.php/groupsv

 

  (3)日常臨床のための対象関係論
 日 時:日曜日の13~17時 年間10回
 場 所:八洲学園大学(神奈川県横浜市)
 講 師:祖父江典人
 費 用:40,000円
 内 容:講義と事例検討          http://yokopsy.com/index.php/objectrelations

 

 ※申込方法、問い合わせ、講義の詳細については下記ファイルをダウンロードし、ご参照下さい。

1)文献講読と症例検討.pdf
PDFファイル 119.9 KB
2)少人数グループスーパービジョン.pdf
PDFファイル 79.3 KB
3) 日常臨床のための対象関係論.pdf
PDFファイル 149.5 KB

<第4回 日本ディサースリア学術集会>


第4回日本ディサースリア学術集会

【大会テーマ】ディサースリアと摂食嚥下障害を同時に治療する技能を身につける

【会期】2018年7月15日(日)・16日(月・祝)

【会場】日本教育会館(東京都千代田区)

【アクセス】神保町駅より徒歩5分

【プログラム】特別講演,シンポジウム、治療技術セミナー、実践セミナー、一般演題等。

         本学術集会は、大会テーマのとおり、臨床に直結する実践的なプログラムを企画いたしました。これまでに本研究会が  

        開催してきた一連のセミナーと同一の内容ではなく、新しい技法や知見を多数含んでいます。プログラムの詳細は、

        学術集会特設ホームページをご覧ください。また、事前参加登録も開始いたしました。本学術集会の事前参加登録は

        オンライン登録での受付になります。詳細は、事前参加登録のご案内をご覧ください。 

【学術集会ホームページ】http://www.dysarthrias.com/meeting/index.html

【学術集会事前参加登録フォーム】https://goo.gl/forms/MaEAU21Szd2SZqd22