研修会等

学会・講座・研修会のご案内


                                   【県士会主催・共催・後援】

<長野県摂食嚥下研究会(成人)>


「分からないことを『分からない』と言える、そんな気軽に意見交換のできる」研究会を目指しております。多くの方に参加して頂き多くの意見や情報が得られたらと思います。是非ご参加ください。

 

日時:平成29年7月15日(土)14:00~17:00

場所:相沢病院 ヤマサ小ホール  

内容 :テーマ『完全側臥位について』

           症例発表2例(松本協立病院、上伊那生協病院)

     「ピタットくん90」「イージースワロー」デモンストレーション:甲南医療器研究所

参加費:無料  

申し込み:不要。お気軽に参加頂ければと思います。

問い合わせ先:安曇野赤十字病院 リハビリテーション科 神田 TEL:0263-72-3170(代表)

<長野県小児摂食嚥下研究会>


 当研究会では、下記の要項で、第49回研究会を開催いたします。今回のテーマは、発達障がい児の摂食嚥下の問題と対応です。医療現場や施設・教育現場で発達障がい児と関わることが増えているなか、食へのこだわり・偏食などに対しどのようにアプローチするのがよいか悩む機会も多いかと思います。

 今回は、まず、これら問題についての学校現場での取り組みを山梨県立あけぼの支援学校教諭の保坂みさ氏にご講演いただき、その後、関連する事例報告(1)を行います。ご多用中とは存じますが、ぜひご参加ください。

 

日時:平成29729日(土)午後2時~5

場所:長野県立こども病院北棟会議室テーマ:発達障がい児の摂食嚥下の問題と対応

プログラム:1)午後2時~330分:山梨県立あけぼの支援学校  教諭 保坂みさ氏

        話題提供:「学校教育の中での発達障害のこどもたちへの食事支援(仮)」

     2)3時40分~5時:事例提供(1事例を予定)

参加費:1,000円(事前申し込み不要)

問合せ先:信濃医療福祉センター言語療法科内 長野県小児摂食嚥下研究会事務局(担当:小久保)

     電話:0266-28-0056 FAX:0266-27-5953  e-mailst@shinano-iryo.or.jp

 

※詳細は下記案内をご参照ください。

小児嚥下研第49回案内.doc
Microsoftワード文書 35.5 KB
小児嚥下研第49回案内.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 109.0 KB

<長野県言語聴覚士会 生涯学習プログラム専門講座>


 今年度は、会員の皆さんよりかねてから要望の多かった専門講座二講座(小児領域・成人領域各一講座)の開催とします。年1回のみの開催となりますので、是非、多くの皆さんの受講をお待ちしています。昨年同様、託児設置も行ないます。お母さん・お父さん会員の皆さんも、この機会にぜひ受講ください。

 

日時:平成29年7月30日(日) 9:40~講座①  12:40~講座②受付開始

場所:塩尻総合文化センター 大会議室 予定(塩尻駅徒歩5分) 

内容 :10時~12時「小児における構音障害の臨床」今井智子先生(北海道医療大学)

     13時~15時「臨床力をあげる嚥下訓練」柴本 勇先生(聖隷クリストファー大学)

受講料:協会員2,000円、非協会員4,000円、学生無料(学生証呈示)

申し込み方法:事前申込制。

申し込み期間:6月26日(月)~7月8日(土)       

          件名に生涯学習受講申し込み・本文に必要事項を明記の上、学術教育部・生涯学習部共用メール

          お申込みください。

            ※必要事項※ ①氏名②フリガナ③協会員番号(非協会員はその旨記載)

                      ④地区名(北信・東信・中信・諏訪・南信上伊那・南信下伊那)

                      ⑤受講内容 A)~C)のいずれかを必ず選択

                         A)講座①(午前)のみ受講、B)講座②(午後)のみ受講、C)講座①②共に受講

     ⑥託児希望 有・無

~同施設で複数名お申込みになる際には、まとめてお申し込みください~

 

※詳細は下記案内をご参照ください。

 

問い合わせ先:生涯学習部担当 中島・市川・田中 slht.nagano.gakukyo@gmail.com

H29年生涯学習プログラム専門講座.doc
Microsoftワード文書 463.0 KB
H29年生涯学習プログラム専門講座.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 296.4 KB

<2017年度第2回長野県JIST法研究会>


主催団体名: 長野県全体構造法研究会

日 時: 2017年7月23日(日) 9:30~12:30

場 所: 相澤病院S棟会議室

内 容: 症例検討、文献抄読

会 費: 無料

申し込み: 不要

申し込み期間(期限): なし

問い合わせ・申し込み先: 長野赤十字病院 二木保博 hkbty560@ybb.ne.jp

その他: 会場が変更になる場合がございます。参加希望の方は、事前にご確認お願いいたします。

【その他】


<長野吃音を学ぶ会>


 吃音臨床で困っていること、どのように臨床をしていけばよいのか等 ざっくばらんに話し合いませんか?
吃音臨床は未だという先生方の参加も大歓迎です。
 当日は… ▶症例検討1例 ▶環境調整法の取り組み方 ▶その他(相談したいこと)
以上を中心に行う予定です。
 昼食を挟みながら行いますので、各自昼食をお忘れなさいませんようお願い致します。

 

日時平成29729日(土) 10時00分~14時00分

場所:東御市民病院 言語訓練室

参加費:無料 (事前登録必要)

申込期間:平成29年7月28日(金)まで

申し込み・問い合わせ先:城西病院 言語聴覚士 高山 

                  E-mail) po.polori@gmail.com

<平成28年熊本地震JRAT活動検証・研修会>


研修会名:平成28年熊本地震JRAT活動検証・研修会 ~現場でやるべきこと、平時にやるべきこと~

日時平成2985日(土)午後13時15分~16時15分

場所:熊本県立劇場 大会議室 熊本県熊本市中央区

参加費:無料 (事前登録必須:https://goo.gl/WV3BeZ

プログラム:1. 被災地の立場から
   2. 支援の立場から
   3. ディスカッション

 

※詳細は下記案内をご参照ください。

平成28年熊本地震JRAT活動検証・0170601.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 318.1 KB
一般演題公募案内_平成28年熊.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 741.2 KB


<日本吃音・流暢性障害学会 第5回大会>


大会テーマ: ダイバーシティ社会と吃音

主 催:日本吃音・流暢性障害学会

日 時: 2017年8月19日(土)~8月20日(日)
場 所: 長良川国際会議場(岐阜市長良福光2695-2)

参加予定人数:250人(ST、小中高等学校教諭、吃音研究者、吃音当事者、特別支援学校教諭、P・OT、医師、心理士等)
演題募集期間:2017年5月1日(月)~2017年6月16日(金)

事前参加登録期間:2017年5月1日(月)~2017年7月14日(金)

大会URL:https://meeting2017.jssfd.org/

大会事務局連絡先:JA岐阜厚生連 久美愛厚生病院 〒506-8502 岐阜県高山市中切町1-1 言語聴覚士 田宮久史

            mail: jssfdmeeting5@umin.ac.jp

 

※詳細は以下のファイルをご参照下さい。

開催概要.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 383.3 KB
チラシ.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 1.0 MB

<兵庫医大リハビリテーション医学教室より研修会のご案内>


研修会名:①多職種でこだわる「口から食べる」ためのアプローチ    ②運動器リハビリテーションのための画像セミナー

       ③実践CI療法講習会

日 時: ①平成29年9月9日(土) 10時00分~16時00分       ②平成29年9月10日(日) 10時00分~16時00分 

      ③平成29年9月16日(土) 10時00分~16時00分 

場 所: 各日 兵庫医科大学(兵庫県西宮市/阪神本線武庫川駅)
受講料:各日 12,000円
問い合わせ先: 兵庫医大リハビリテーション医学教室 office@craseed.org

申込方法:NPO法人CRASEED(共催)のHPよりお申込み下さい http://craseed.org/

 

※各研修会の詳細は以下のファイルをご参照下さい。

170909_嚥下セミナー.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 1.4 MB
170916_CI療法.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 1.3 MB
170910_画像セミナー.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 1.6 MB

<科学的根拠に基づく腰痛の評価と治療法研修会>


 患者さん、利用者さんとの信頼関係を築きつつ、腰痛の自己管理など「心身の健康」につながる行動を「自ら選択」できるようになることを援助する、対話的アプローチ技法の講義、治療デモ、および実技を行います。その技法は、子育て、夫婦関係など、大切な人との関わり方をより良くするためにも幅広く活用できるものです。

 

主催団体名: 一般社団法人 国際統合リハビリテーション協会 
日 時: 平成29年12月3日(日)    9時50分~16時50分
場 所: 諏訪市 かんぽの宿 諏訪
会 費: 12,852円(税込)
申し込み: 必要
問い合わせ先:  office@akahalabo.com   担当 赤羽
その他: 申込方法 :こちらよりお申し込みください  https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=HShctua

<日本ユニバーサルリハビリテーション協会より研修会のご案内>


主催団体名: 日本ユニバーサルリハビリテーション協会
研修会名:① 【ユニリハ】 【さあ クッションを作ろう!】臨床シーティングセミナー理論編×実技編

       ② 【ユニリハ】 全身の筋緊張制御を行うポジショニングからの 摂食嚥下リハビリテーション理論編 ×実技体感編

日 時:① 2017年7月14日(金) 開場:9時40分|開始:10時00分~ 終了:16時30分  

     ② 2017年8月20日(日) 開場:9時40分|開始:10時00分~終了16時30分 

内 容:① 【全てのシーティング理論をまとめ、臨床ですぐに使える技術を習得します】

         内容の詳細・会費・申込はこちらをご覧ください⇒https://www.meducation.jp/seminar/regist?id=51983

     ② 【長期療養生活6年、ADL全介助の症例に、局所的ではなく、全身の筋緊張を一度に落とすポジショニングを行った

               ところ、拘縮が変化して端座位や自立、20日後にお楽しみのゼリー食を用いた摂食嚥下訓練の介入に至った。】

                 内容の詳細、会費、申込はこちらをご覧ください⇒https://www.meducation.jp/seminar/regist?id=51452
場 所:① ②共 八王子市芸術文化会館いちょうホール (東京都八王子市本町24番1号)
申し込み期間(期限): ①2017年7月11日 (火)まで   ② 2017年8月17日 (木)まで
問い合わせ先:日本ユニバーサル リハビリテーション協会/TEL 042-208-0102/e-mail:otmode@jcom.home.ne.jp

<一般社団法人 国際統合リハビリテーション協会より研修会のご案内>


主催団体名: 一般社団法人 国際統合リハビリテーション協会 関東支部
研修会名:①明日から臨床で使える骨盤の評価とアプローチの体験会

       ②効率的にアプローチをするための触診 講習会 〜体幹編〜

       ③肩疾患に対する骨格テクニックと筋膜テクニックセミナー

日 時:①平成29年7月1日(土) 第1回)10時00分~12時30分  第2回)13時30分~16時00分
      平成29年8月5日(土) 第3回)10時00分~12時30分 第4回)13時30分~16時00分 

        ※内容は全て同じです。ご都合のつく回にお申し込みください。

      内容・会費・申込等の詳細はこちらをご覧ください⇒http://iairkanto.jp/semiother/pelvis-experience/

     ②平成29年7月15日(土) 10時00分~16時00分 

      内容・会費・申込等の詳細はこちらをご覧ください⇒https://iairjapan.jp/events/event/exp-tokyo20170715

     ③平成29年7月16日(日) 10時00分~16時00分 

      内容・会費・申込等の詳細はこちらをご覧ください⇒https://iairjapan.jp/events/event/exp-tokyo20170716
場 所:① 《7月》昌賢学園まえばしホール 第4会議室[前橋市南町3-62-1]
       《8月》伊勢崎市民プラザ   第1和室 [伊勢崎市富塚町220-13]

     ②成増アクトホール 5F和室(板橋区成増3-11-3-405)

          ③砂町文化センター 第3・4会議室(東京都江東区北砂5-1-7)
申し込み期間(期限): 各日 定員に達し次第、締め切り。
問い合わせ先: kohei_yoshida@iairkanto.jp

<明日から臨床で使える徒手的介入技術講座セミナー>

主催団体名: 一般社団法人 国際統合リハビリテーション協会 関東支部
日 時: 第1回)平成29年7月2日(日)    10時00分~16時00分
     第2回) 平成29年8月6日(日)  10時00分~16時00分
場 所: 《7月》昌賢学園まえばしホール 第4会議室[前橋市南町3-62-1]
       《8月》伊勢崎市民プラザ   第1和室 [伊勢崎市富塚町220-13]
内 容: こちらをご覧ください http://iairkanto.jp/semiother/iairtherapy/
会 費: 8,532円(税込)
申し込み: 必要
申し込み期間(期限): 各日 前日13:00まで(定員に達し次第、締め切り)
問い合わせ・申し込み先: kohei_yoshida@iairkanto.jp
その他: 申込方法 :こちらよりお申し込みください https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=HShgako

<2017年度 実践セミナーのご案内[言語聴覚士の方におすすめ] >


主催: 公益社団法人発達協会

8月3日(木)4日(金)
H リハ職(ST・OT)のための発達障害セミナー

―家族支援も含めて専門を深めるとともに、専門の垣根を越えて学ぶ2日間です。
  子どもへの支援は、全体発達をふまえて考え、実践することが大切です。そのためには自身の専門領域を深めつつ、近接領域へも関心を広げておくことが望まれます。このセミナーでは、発達障害のある子と関わるリハ職が学んでおきたい知識を、6コマに凝縮しました。診断基準、コミュニケーション、感覚等に加え、子どもの支援と切り離すことのできない家族支援についても学びます。

8月9日(水)10日(木)
M ことばの育ちを支援する―評価法と多様な側面への理解と支援
経験や勘だけに頼らない、評価に基づいた指導方法を学びます。
  子どもの発達の中で、関心の高い領域のひとつが「ことば」です。「ことば」には理解、表出、聴力等多様な側面があり、それぞれの発達や連関をふまえた上で、子どもと関わる必要があります。このセミナーでは、「ことば」の発達と障害、評価法とともに、諸側面への指導・支援法を学びます。保護者へのアドバイスにも役立つ、暮らしの中で「ことば」の力をはぐくむための働きかけを含め、経験豊富な講師陣の事例も聞ける、充実の内容です。

☆その他にも様々なテーマで講座を行っております。詳しくはHPをご覧ください。
★お申込み方法
《申し込み》お電話・FAX・発達協会ホームページから、お申し込みいただけます。
電話:03-3903-3800  Fax :03-3903-3836   HP:http://www.hattatsu.or.jp/
《ご注意》・同じ日程で開催されるセミナー(例:A,B) を申し込むことはできません。
・申し込みの殺到が予想されるセミナーもございます。お早めにお申し込み下さい。
《時間》各日10:15~16:20(1つのセミナーにつき2日間の日程で行います)
《定員》約150~300名(定員になり次第、随時締め切ります)
《会場》東京ファッションタウン(TFT)ビル東館 9階研修室
    東京都江東区有明3-6-11
《受講料》各14,040円(税込)(会員12,960円(税込))

<横浜精神分析研究会 第6回 特別セミナー 力動的セラピストになるために File.6 ― ビオンの精神分析入門 ― >


主催:横浜精神分析研究会 http://yokopsy.com

後援:心理オフィスK http://s-office-k.com

日程:平成29年7月16日(日) 10時30分~13時00分 第1部:講義    14時00分~16時30分 第2部:事例検討
会場:港北区社会福祉協議会3階多目的研修室 〒222-0032 横浜市港北区大豆戸町13-1
東急東横線 大倉山駅から徒歩およそ6分   https://goo.gl/maps/xfd8kzJQCzJ2

講師: 祖父江 典人 先生
参加資格:臨床心理士や医師、作業療法士、精神保健福祉士、看護師、保健師、保育士、教師、社会福祉士、言語聴覚士、等の守秘義務をもつ専門家、臨床心理系大学院生等。力動的臨床を実践しようと思っている/実践しはじめたばかりの初心の方から、既に経験を積んでおられる方々まで幅広い経験の方が研鑽できる内容となっております。
費用:7,000円(修士課程の大学院生は6,000円)
定員:60名程度(先着順です)
申込方法:(1)名前(2)所属(3)メールアドレス(4)臨床心理士資格の有無、を明記して、以下までご連絡ください。銀行口座をお知らせしますので、振込をしてください。振込を確認できた時点で申込確定となります。
申し込み先:北川清一郎 宛 info@yokopsy.com
案内: http://yokopsy.com/index.php/seminar

横浜精神分析研究会第6回特別セミナー.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 110.3 KB

<日本高次脳機能障害学会 2017年夏期教育研修講座>


Aコース「 失語症候とその対応 」日 程: 2017715日(土)  定 員: 500名  受講費: 12,000円(*)

Bコース「 神経心理症候とその対応 」日 程: 2017716日(日) 定 員: 500名 受講費: 12,000円(*)

会 場: 京都国際会館 アネックスホール(京都府京都市左京区宝ヶ池)

お申込受付: 2017517日(水)より(*)

ご案内ページ: http://www.higherbrain.or.jp/06_kousyukai/02_index.html

* 日本高次脳機能障害学会にご在籍(正会員)の場合は会員価格でご受講いただけます。また、59日(火)よりお申込みいただけます。

<第41回日本高次脳機能障害学会学術総会・サテライトセミナー>


学会メインテーマ: 「 わかりあうを科学する 」

会 期: 20171215日(金)、16日(土)

会 場: 大宮ソニックシティ(埼玉県さいたま市大宮区桜木町1-7-5

会 長: 立石 雅子(目白大学保健医療学部言語聴覚学科 教授)

参加費: 事前登録 11,000円 学生 4,000円(*)     当日参加 13,000円 学生 5,000円(*)

一般演題募集期間: 2017523日(火)~76日(木)  ホームページ: http://jshbd41.umin.jp/

 

サテライトセミナーテーマ 「 行為と動作の障害 」

日 程 : 20171217日(日)

会 場 : 大宮ソニックシティ 小ホール(埼玉県さいたま市大宮区桜木町1-7-5

定 員 : 400

ご案内ページ: http://www.higherbrain.or.jp/06_kousyukai/01_index.html

 

※ 上記内容は変更となる場合がございます。ご了承願います。

 お問い合わせ先: 一般社団法人日本高次脳機能障害学会 事務局

133-0052 東京都江戸川区東小岩2-24-18 江戸川病院内 TEL 03-3673-1557 FAX 03-3673-1512 

E-mail office@higherbrain.or.jp   URL http://www.higherbrain.or.jp/

<第44回理学療法士・作業療法士・言語聴覚士養成施設教員等講習会>


主 催:厚生労働省及び(公財)医療研修推進財団(共催)

日 時: 2017年8月21日(月)~9月8日(金)
場 所: 国際医療福祉大学大学院 東京青山キャンパス(東京都港区赤坂8-5-34 TODAビル4階)

日 時: 2017年8月21日(月)~9月9日(土)
場 所:大阪行岡医療大学(大阪府茨木市総持寺1丁目1-41)
受講対象者:養成校の教員・医療機関等で実習生を指導するPT/OT/ST有資格者
受講料:50,000円

申込方法:(公財)医療研修推進財団のHP http://www.pmet.or.jp/から直接お申込み下さい

*詳細nado

詳細は以下のファイルをご参照下さい。

PT・OT・ST養成施設教員等講習会の開催.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 113.6 KB

< 日本咀嚼学会 第18回健康咀嚼指導士認定研修会>


日 時: 2017年8月19日(土)13時~16時55分 20日 (日) 9時~17時
場 所: 東京医科歯科大学
受講料:学会会員の方8,000円 非会員の方12,000円
申し込み: 必要 参加申し込みURL http://sosyaku.umin.jp/
登録締め切り: 7月28日 (金)
問い合わせ・申し込み先:

特定非営利活動法人 日本咀嚼学会事務局 ℡03-3947-8891

*詳細や申し込み用紙は以下のファイルをご参照下さい。

日本咀嚼学会第18回健康咀嚼指導士認定研修会.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 64.4 KB