長野県言語聴覚士会細則

1.年会費

  (1)  正会員5000円、賛助会員3000円とする。

  (2)  4月から9月の間に入会したものは全額納入し、10月以降入会したものは半額納入する。

 

2.旅費

  (1)  会務の遂行に必要な出張には旅費を支給する。

       (理事会、部会、委員会、研究会、会主催事業、会を代表して出席もしくは報告する会議・式典・学会等)。

  (2)  支給額は実費のみとする。ただし、自家用車の場合、1km15円に算定する。尚、高速道路使用の

       場合は高速料金も(ETC利用含め)実費分を支給する。

  (3)  旅費の支給対象および支給額についての判断は理事会が行う。

  (4)  旅費の清算は会計年度末に一括して行う。

 

3.通信費・印刷費等

  (1)  会員は、会務の遂行に要した通信費・印刷等を請求することができる。

  (2)  支給対象および支給額についての判断は理事会が行う。

 

4.慶弔費

 (1)  士会運営に直接関連する慶事、弔事に関する支出は、次の通りとする。

     ①  祝電 関連団体および関係者の慶事

     ②  弔電 会員の死亡

           関係者の死亡

     ③  香典 会員、賛助会員の死亡について5000円とする。

     ④  前項に該当しないものについては会長の裁量とする。

 

5.休会

  (1)  会則に定めるとおり、休会しようとする者は、所定の申請書を提出し、理事会の承認を得なければならない。

  (2)  休会は、年度単位とする.休会開始日の如何に関わらず、その終期は当該年度の3月31日とする。

  (3)  期間終了後は自動的に復会となる。休会継続を希望する場合は、年度末までに再度申請しなければならない。

  (4)  ただし、1月1日~3月31日までに行われた休会申請は、その終期を翌年3月31日とする。

  (5)  休会者が会報・ニュースレターを希望する場合は、年間1,000円を納入する。

 

6.本稿の改廃は総会の承認を得なければならない。

 

7.本則は平成12年5月27日より施行する。

 

平成16年4月24日一部改正

平成21年4月26日一部改正(2.旅費1)2)について、4.慶弔費1)祝電について)

平成22年4月18日一部改正(5.休会者への郵送費を追加)

平成26年4月20日一部改正

組織(トップ:長野県言語聴覚士会について) > 会則 細則 役員・組織 会員所属機関一覧等