研修案内

第33回標準ディサースリア検査(AMSD)講習会


第33回標準ディサースリア検査(AMSD)講習会

日時 2019年11月3日(日)~4日(月,祝)の2日間
11月3日(日)9:00~17:20
11月4日(月・祝日)9:00~15:00
場所 東京医科大学病院 [アクセス]東京メトロ丸の内線 西新宿駅 出口E5よりすぐ JR線新宿駅 西口より徒歩10分
主催 日本ディサースリア臨床研究会
概要

講 師:西尾正輝(新潟医療福祉大学),中西俊二(イムス札幌内科リハビリテーション病院),鈴木真生(多摩リハビリテーション学院)
定 員:60名(申込み先着順で、定員になり次第締め切らせて頂きます)
受講料:15,000円(学生 10,000円) (認定修了証、資料冊子、備品代金含む)

申込み方法
日本ディサースリア臨床研究会のホームページの第33回標準ディサースリア検査(AMSD)講習会申込用フォームよりエントリーください。
受付手続き終了後、受講許可証および受講料(事前振込制)の振込先を登録されたメールアドレスにお送りいたします。

1、標準ディサースリア検査(AMSD)では、AMSDを母体として開発された嚥下運動機能検査(AMFD)講習会も兼ねます。講習会では、本検査の実施方法について講義ならびに実技演習を行います。初心者、学生の参加も十分可能です。
2、高齢者の発話と嚥下の運動機能向上プログラム(MTPSSE)は、AMSDを基軸としています。今後、MTPSSEの使用を検討なさる方は、AMSD講習会を受講しておかれることを推奨いたします。
3、今回は、2日目午後に症例提示に加えて、本研究会西尾会長によるミニセミナーを開催します。ミニセミナーでは、AMSDを軸にした新しいディサースリアと嚥下障害の評価と治療への応用技術について解説する予定です。

※詳細は下記ファイルをご覧ください。

PDF 第33回AMSD講習会案内.pdf